So-net無料ブログ作成
検索選択

THE BOOM解散ツアー初日に島唄で涙 [THE BOOM]

12月17日の日本武道館公演で解散する4
人組ロックバンド・THE BOOMが19日、
兵庫県神戸市の神戸国際会館でラストツアー(15カ所15公演)
をスタートさせた。
代表曲「島唄」では、ボーカル・宮沢和史(48)が
涙で歌えなくなり、満員2100人のファンの
歌声に助けられ歌いきった。

1986年の結成から一度もメンバーチェンジすることなく、
共に歩みを進めてきた4人。
立ち見も出た満員の客席から「ありがとうー!」
と感謝の言葉が飛ぶ中、宮沢は
「ありがとう!みんなの気持ちは分かってる。
この日が来るのが楽しみであり、足踏みをしたくなる時もあったり…
でもみんなに会えて最高の気分です」と心境を明かした。

5月にデビュー25周年を迎えたのを機に、決意した解散。
「25年間歩んだ道のりを、みなさんと一緒にお祝いをしたい」
(宮沢、公式HPより)という思い通り、
89年のメジャーデビュー曲「君はTVっ子」からスタートしたライブは、
代表曲「風になりたい」や2013年発表の楽曲
「世界でいちばん美しい島」を含め、25年の集大成といえる全24曲。

アンコール前最後の曲「島唄」では、宮沢が
「多くの人との出会いをもたらした曲」と話し、
「思い切り歌わせて」と宣言しながらも、感極まり、涙。
半分も歌えなくなり、ファンの大合唱に助けられ、歌い切った。

アンコールで再登場すると、宮沢は
「オレは男だからね、人前では泣かないよ。
泣いたふりすりゃ、盛り上がるだろ…」と照れ隠しで話していた。

なおこの日は、今年2月に1型糖尿病を発症したベースの
山川浩正(49)が最近になりめまい症を発症したことから、
サポートミュージシャンが手伝いながらのライブとなった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。